医師の転職に関するQ&A

【医師専門】転職サイト比較ドットJP

医師の転職に関するQ&A【転職と医局の関係】|転職サイト比較ドットJP

医師の転職Q&A集1

 

医局って何ですか?

医局とは狭義では、教授を頂点とする医師のグループのことです。

教授をトップとし、技術指導などを先輩から教わります。
これだと、単なる医師の仲良し集団のように思えますね。

しかし、医局内での上下関係は非常に厳しく、
就職先なども教授の指示に従わざるを得ない場合が多いのです。

 

さらに広い意味では、医局は学閥に似たような意味を持ってきます。
出身大学ごとに広い意味で、学閥としての医局が形成されるのです。
この意味の医局は、周辺の病院に強い影響力を持ち、関連病院としています。

医局に在籍している医師は、関連病院にしか就職できないのが通常です。

 

大学病院で働く医師は医局に所属していると聞いたのですが?

はい。その通りです。

 

ほとんどの大学病院は、大学医学部独自の医局を、複数持っています。
医師の世界は、ピラミッド型の構造をしているといわれています。
このため、先輩医師とのつながりは不可欠です。

ピラミッド型の構造が特に強い大学病院…
そこでは、医局に在籍することなしに、採用されることは不可能なことだと言えるのです。

 

医局の教授の指示に従わないことは可能ですか?

医局に在籍しながらにして、従わないということは難しいでしょう。

医局の内部では、教授の地位は絶対的です。
希望や要望を、教授の指示に先んじて伝えることは可能でしょうが、
指示に従わないことは教授への反抗と捉えられる可能性もあります。

教授から嫌われると、医局を抜けなければならなくなるでしょう。
ただでさえ離脱を嫌う医局… このような形で抜けるのは、将来的にも得策ではありませんね。

 

しかし近年、スーパーローテート方式という研修制度が始まり、
医局の影響力は落ちつつあると言われています。

民間の転職サービスが増えてきたのも、このような医局の存在感の低下が原因なのかもしれませんね。

 

医局に在籍していないと、転職は厳しい… という時代も変わってきています。
国公立の病院でも、一般への公募という形での
採用が増えてきているようです。

 

一般公募を希望するなら、医師転職を専門とする転職支援サービスを利用すると良いでしょう。

専門なだけあって、医師の転職事情にとても詳しいエキスパートたちが
私たちの転職をサポートしてくれます。

ちなみに、転職支援サービスの利用料自体は無料なところがほとんどです。

利用してみて損することはないでしょう。

 

 ⇒ 転職支援サービスの一覧はこちら

 



 

Copyright (C) 2010-2011 【医師専門】転職サイト比較ドットJP All Rights Reserved.